居合塾.jp

武士道とともにあらんことを

May the Bushido be with you.

 
 

by  INAZO  NITOBE       

新渡戸稲造 著








    新渡戸稲造  (1862 〜 1933 )


序章   

    
















































































                  1 . 武士道 その倫理的システム

                  2 . 武士道 武士道の起源 仏教との始まり

                  3 . 義 もしくは正義

                  4 . 勇 健肝の精神と振る舞い 

                                                      5 . 仁 人としての慈悲といたみ



新渡戸記念館 http://www.nitobe.jp


  


 Welcome へ



居合塾.jp

平成居合塾

入会、見学、体験、お問い合わせは

Mail : info@iaijyuku.jp




                       


Copyright © 2013-2018 iaijyuku.jp All Rights Reserved.


 

Bushido,the soul of Japan

PREFACE

About ten years ago, while spending a few days under the hospitable roof of the distinguished Belgian jurist,the lamented M. de Laveleye, our conversation turned, during one of our rambles, to the subject of religion."Do you mean to say," asked the venerable professor, "that you have no religious instruction in your schools?" On my replying in the negative he suddenly halted in astonishment, and in a voice which I shall not easily forget,he repeated "No religion! How do you impart moral education?" The question stunned me at the time. I could give no ready answer, for the moral precepts I learned in my childhood days, were not given in schools; and not until I began to analyze the different elements that formed my notions of right and wrong, did I find that it was Bushido that breathed them into my nostrils.   

The direct inception of this little book is due to the frequent queries put by my wife as to the reasons why such and such ideas and customs prevail in Japan. In my attempts to give satisfactory replies to M. de Laveleye and to my wife, I found that without understanding Feudalism and Bushido, the moral ideas of present Japan are a sealed volume. 

Pronounced Boó-shee-doh'. In putting Japanese words and names into English, Hepburn's rule is followed, that the vowels should be used as in European languages, and the consonants as in English. Taking advantage of enforced idleness on account of long illness, I put down in the order now presented to the public some of the answers given in our household conversation. They consist mainly of what I was taught and told in my youthful days, when Feudalism was still in force. 

Between Lafcadio Hearn and Mrs. Hugh Fraser on one side and Sir Ernest Satow and Professor Chamberlain on the other, it is indeed discouraging to write anything Japanese in English. The only advantage I have over them is that I can assume the attitude of a personal defendant, while these distinguished writers are at best solicitors and attorneys. 

I have often thought,―" Had I their gift of language, I would present the cause of Japan in more eloquent terms!" But one who speaks in a borrowed tongue should be thankfulif ,if he can just make himself intelligible. All through the discourse I have tried to illustrate whatever points I have made with parallel examples from European history and literature, believing that these will aid in bringing the subject nearer to the comprehension of foreign readers.

Should any of my allusions to religious subjects and to religious workers be thought slighting, I trust my attitude towards Christianity itself will not be questioned. It is with ecclesiastical methods and with the forms which obscure the teachings of Christ, and not with the teachings themselves, that I have little sympathy. I believe in the religion taught by Him and handed down to us in the New Testament, as well as in the law written in the heart. Further, I believe that God hath made a testament which maybe called "old" with every people and nation,―Gentile or Jew, Christian or Heathen. As to the rest of my theology, I need not impose

upon the patience of the public. In concluding this preface, I wish to express my thanks to my friend Anna C. Hartshorne for many valuable suggestions and for the characteristically Japanese design made by her for the cover of this book.


INAZO NITOBE.

Malvern, Pa., Twelfth Month, 1899.


注:参考

  1. 1)メアリー・エルキントン(新渡戸万里子 夫人)

  2. 2)ラフカディオ・ハーン  小泉八雲

  3. 3)メアリー・クロフォード・フレイザー

  4. 4)アーネスト・サトウ  

  5. 5)アンナ・C・ハーツホーン 


はじめに

10年ほど前に著名なベルギーの法学者、故 ラブレー氏のご自宅でもてなしの数日を過ごしたとき、私たちの会話が宗教のことに及びました。「あなた方の学校では宗教を教えないのですって?」と尋ねられた。 

私の否定的な答えに、この著名な教授は驚きで散歩の歩みを止めて、

そして到底忘れがたい声で、

「宗教を教えないということは、あなた方はどのように ” 道徳 ” を教授するのですか?」 

と繰り返し私に尋ねたのです。 

質問は私を驚かせました。 

私はそれの答えの準備ができていませんでした。私は私の子供の頃に学んだ道徳的な戒律は、学校で与えられていなかったのです。 

しかし、私は子供のときに善悪の私の概念が形成されないまでも、いろいろな要素を分析すると、私の身体に吸収されたもの 、私はそれが

” 武士道 ” だとわかったのです。 


このささやかな著を書く直接の発端は、私の妻 1 ) がこのような、そのような考え方や習慣が日本にあり、どうして広くいきわたって存在するのか、との質問を頻繁に私にしてきていたからでした。

ラブレー氏や妻に満足な回答を与えようとしたら、かの封建制度や武士道を理解しないままでは現在の日本の道徳の考えは封印されたままになると考えたのです。 

発音で Boo-Shee-Doh のように日本語の単語や名前が英語で入るときはヘップバーン(ヘボン)式のルール、母音がヨーロッパ言語のように使用されるべきであること、子音は英語のように使用されるべきように、私が長い病気のために得た時間を生かして、私たちの家庭の会話の中で与えられた答えのいくつかをみなさんにこれから述べていきます。

これらは主に封建主義が力にまだあった私の若々しい日々に教えられ、語られたもので構成されています。

ラフカディオ・ハーン 氏 2 )、ヒュー・フレイザー 夫人 3 )、一方にサー・アーネスト・サトウ氏 4 )とチェンバレン教授がいる。この間で、英語で日本の何かを書くことは確かに気が滅入ります。

ただ、私が彼らに対しての唯一の利点は、これらの作家が最高の代弁者及び代理人でありながら、私は、個人的な被告のような態度でいられるということです。


私はしばしば考えました ... 私に言語で彼らのように提示できるなら、私はより雄弁に日本のことを提示できるでしょう!  自分自身だけがわかっていて分かりやすく述べることができる場合でも、借りもので話すことに、感謝する必要があります。私は、海外の読者の理解をもたらすのに役立つだろうと信じて、ヨーロッパの歴史と文学から同じような事例で作られているものは何でも説明しよと思います。

宗教的な事柄、宗教者への私の当てつけと理解されたとしてもキリスト教自体が疑問視されることはありません。私は私のキリスト教への態度を信頼しています。

疑問それは、キリスト教への疑念のあいまいな教えそのものの形式に対してなのです。

私は心の中で書かれた法律、新約聖書に受け継がれた教えを信じています。

さらに、私は、神が多分すべての人や国、キリスト教やユダヤ教、異教徒であろうと

『 旧約 』と呼ばれる遺言を作って下さったことも信じています。

私の神学の残りの部分については、読者に私は我慢を課す必要は全くありません。


この序文の結びに、この本の表紙のための特徴やデザインに多くの貴重な提案をしてくれた私の友人、アンナ・C・ハーツホーン 氏 5 ) に私の感謝の意を表したいと思います。


新渡戸稲造 

ペンシルバニア州、 マルバーン にて 

1899年12月