居合塾.jp

 
 


居合とは










真・無外流 鳥王剣


機に際しては迅速に抜刀して

敵を迎え討つ日本の古武術です 

立ち会いが互いに構えたところから始まる剣道と違い、居合では刀を鞘に納めた状態からの勝負を想定した「 型 」かたの武道で伝えています 


居合という抜刀術は究極の剣術と言われ、敵に当たり、柄に手を掛けて鯉口を切ってから瞬時に抜刀し、敵の数と配置に則した一連の立ち回りの後の納刀までの殺陣の動作を型(かた)として伝えています その特性上、型の稽古には真剣を用います 真剣の代わりに造り重さが 真剣と同じ模擬居合刀を使う事もあります 

また、相対した敵との距離(間合い)、呼吸をはかる為に、二人一組で行う剣術稽古(組太刀)もあります 居合道は主に床の間での想定のような普段の生活の中など、「居」ながらにして敵に「合う(遭遇する)」として形が組まれている点に特徴があります 


起源は古く、奈良時代から平安時代初期にその芽生えがあると云われ、林崎甚助重信  はやしざきじんすけしげのぶ(天文11年 1542年 ? - 元和3年(1621年)) が抜刀術の始祖とされています 居合と抜刀術との相違点は、抜刀術は主に刀を抜いた状態から立ち技で試し斬りを行うが、居合は主に空間の 稽古 を行い、抜き付けとよばれる刀を鞘から抜き放ちながら斬る技術が重視されています 


術から道へ

居合の稽古においては、実敵がいないため(一人稽古のため)ただ美しく抜刀し、斬突をして納刀するということになり易く、これは居合を行う者の最も注意しなければならないことで、実際に敵を斬突する気勢(気迫)と共に気韻(風格)を要求されるます 

これらは一朝一夕にして出来るものではありません 型に入り、術を身につけ、更に心の刀を抜くに至るまで長い年月の稽古を必要とします 

気勢や気韻が外形に表現されるのは心と体の修練の結果としてなのです この気勢、気韻が備わるとむやみに刀を抜かなくても自ずから勝敗を決することが出来るようになるとされます



林崎甚助重信 が開いた流派は、神夢想林崎流、林崎流、林崎夢想流などと呼ばれ、この他に神夢想林崎流から分かれた多くの流派(無双直伝英信流、民弥流、水鴎流、関口流など)の系譜では初代となっており、江戸期以降、林崎甚助に教受された弟子たちの業(技)を見聞きした武芸者や修行者が独自に居合を創作する例もあるなど非常に強い影響力を及ぼしています 

江戸時代には数多くの剣術流派が生まれ、弊習された居合抜刀術は継承されましたが 明治から大正にかけて衰退していきました 昭和、第二次大戦終戦の後、現代居合  全日本剣道連盟居合道部会 が 制定した居合は、全国で愛好され活動しております 

古流 と称される 無外眞傳無外流居合兵道 もおおよそ昭和、第二次大戦終戦後に纏められたものです 



居合塾では、

古流 無外眞傳無外流居合兵道  無外流剣法 と

奧傳 真・無外流居合道

現代の全日本剣道連盟制定居合道  日本剣道形 を稽古します 














京都   臨済宗妙心寺派

大雲山龍安寺 徳川光圀寄進 

吾唯足知 手水鉢(蹲踞)

居合塾とは へ



稽古日のお知らせ




居合塾.jp

平成居合塾

入会、見学、体験、お問い合わせは

Mail : info@iaijyuku.jp





Welcome へ




Copyright © 2013-2018 iaijyuku.jp All Rights Reserved.