居合塾.jp

 
 

Welcome へ 



無外流 髙橋派


無外流高橋派とは


無外流高橋派は、無外流剣術の姫路藩で伝承されていた系統です 

形の数が少なく比較的改変されることがない無外流の剣術形を最も大胆に改変し、また津田一伝流の影響も大きいなど、無外流の中でも独特の内容の系統です 


辻 資茂月丹は自らの流儀を無外眞伝剣法と称したため、ここから無外流剣術は無外流剣法とも呼ばれます 

さらに自鏡流居合術を多賀自鏡軒盛政に学び、弟子も自鏡軒の道場に通わせ自鏡流居合を学ばせました 


自鏡流居合は、多賀自鏡軒盛政が開祖で、盛政は和田平助(新田宮流抜刀術の開祖)に学び、自鏡流を開いたとされます 


三代目の都治文左衛門資賢の代まで、無外流の門人は自鏡流の師範から居合を学び、無外流の師範が自鏡流居合も指導するようになったのはそれ以後のことでしょう 

また、無外流の師範が自鏡流居合も指導するようになった後も、無外流と自鏡流の流名を並記し、別々の流派として扱っていたのです 


辻 月丹資茂は生涯独身で子が無かったので、門人の子を養子にしました これが二代目の都治記摩多資英(姓を「辻」から同音の「都治」に改めた)です 

都治喜摩太も生涯独身で子が無かったので、門人を養子にし、後継者としました これが三代目の都治文左衛門資賢です 

二代目の都治記摩多以降、土佐藩に剣術指南として仕えることによって無外流剣術は土佐藩で盛んになっていきました 


姫路への伝播

幕末に至り、姫路藩士・高橋八助充亮と高橋達蔵充玄が都治文左衛門を訪れ、無外流剣術を学び、また自鏡流居合を山村司に学んで帰藩し、姫路藩の剣術指南役となりました  

安政5年(1858年)、津田一傳流を開いた久留米藩士・津田一左衛門正之が姫路を訪れた際、竹刀と防具を用いた試合を姫路藩士と行った結果、姫路藩士の惨敗であったことから、姫路藩では無外流の師範であった高橋哲夫武成とその弟である高橋亥之蔵を九州の久留米に派遣して、津田一傳流を学ばせました 


高橋哲夫は津田一傳流を学び、姫路に帰藩したのち、藩校と自邸の道場で無外流剣術と津田一傳流剣術の両流と自鏡流居合を指導しましたが、竹刀打込稽古を重視したためか、元々十本しかない無外流剣術形を五本に削減してしまいました  

高橋哲夫の子である高橋赳太郎は父と祖父(高橋八助成行)から剣術を学び、警視庁の撃剣世話掛となり、高野佐三郎、川崎善三郎とともに「三郎三傑」と称されました 


赳太郎は後に神戸に戻り道場を開き、そこで指導する傍ら、周辺の警察署や神戸高等商業学校(神戸大学の前身)撃剣部(剣道部)を指導したようです  

赳太郎の死後、赳太郎の子である高橋秀三が継承しました 

無外流居合兵道流祖 中川士龍申一 は髙橋赳太郎の弟子でありました 


系譜

        

        初代  高橋八助充亮

        二代  高橋達蔵充玄

        三代  高橋八助成行

        四代  高橋哲夫武成

        五代  高橋赳太郎高運

        六代  髙橋秀三


髙橋秀三はこの無外流剣術の業と自鏡流居合術の型をDVDで残されました 

敬称を略させていただきました



古流元流 
無外流 高橋派 居合術兵法  
無外流剣術 刃引之形 5本 
自鏡流居合術 7本 


敬称を略させていただきました



津田一傳流:浅山一傳流を修めた久留米藩士 津田一左衛門正之 により編み出された 竹刀、防具の改良や試合稽古などの新しい剣論により、流名は広く世に知られるようになる 津和野藩には一左衛門正之自ら教授し、門下には多くの達人を輩出した



Welcome へ



居合塾.jp

平成居合塾

入会、見学、体験、お問い合わせは

Mail : info@iaijyuku.jp





Copyright © 2013−2019 iaijyuku.jp All Rights Reserved.



  高橋秀