居合塾.jp

 


Welcome へ



むがいじきでんむがいりゅういあいへいどう

無外眞傳無外流 居合兵道


無外流居合とは

定説として自鏡流居合とされています 

無外流居合流祖が 辻 月丹 であるというのは正しくありません


無外流は居合の武術ではなく剣術( 兵法 )の流派でした 

無外流剣術の指南役が指導していたため、一般に無外流居合と称していました その無外流兵法の剣風は 先々の先で激しく攻撃的であったようです つまり、剣風として対敵より先に攻撃を仕掛けるという単なる動作の上のことだけではありません 相手の心の動きを見透かして打突する、という攻め以前の心理能力が問われる剣法として有名な剣術兵法であったのです 


無外流に居合が併伝されるのは、無外流剣法流祖 辻月丹 つじげったん が自鏡流居合の祖・元水戸藩士 多賀権内盛政 について自鏡流居合を学び、辻家代々自鏡流 宗家の指導を受けていたという説があり、辻月丹よりもずっと後の寛政年間の播磨姫路藩・酒井家において、自鏡流居合という土浦藩の居合流儀を取り入れてからとされている説もあります いつの時代から自鏡流居合を稽古に取り入れて修行したかは定かではありません ただ、当時の武士の間では複数の流派の剣術を稽古するのはごく普通、抜刀術である居合を併習稽古することは当時から人気がありました 


高橋赳太郎と 流祖 中川申一


                           ではなぜ無外流が剣術でなく居合術で有名

                           になっていったのでしょう 

                           第十代 無外流宗家 高橋赳太郎高運 たか

                                    はしきゅうたろうこううん (1859 〜 1940)

                           安政六年7月に高橋哲夫武成の長子として

                           姫路に生まれました 後に六代宗家と記される 姫路藩の  高橋八助充亮 は、土佐で無外流四代 記磨多資幸充亮  に無外流剣術を学び 自鏡流居合は 五代 山村司昌茂 から学んでいます   

高橋赳太郎高運は高橋八助充亮の四代の孫にあたります 早くから、父哲夫武成から無外流兵法、津田一伝流剣術、自鏡流を修めました  

赳太郎高運は、その後警視庁に入り、高野佐三郎 川崎善三郎 とともに剣術では 

三郎三傑 と称されるようになり、明治36年(1903年)になると、設立されたばかりの神戸高等商業学校(神戸大学法・経済・経営学部の前身)の初代撃剣師範(後に、終身師範)、兵庫武徳会の主任教士も兼任します

明治末の兵庫武徳会で、神戸一中(現・県立神戸高校)の学生

                                 だった 中川申一 なかがわしんいち(1895

                                            ~ 1981) と出会います 

                                 この頃は、まだ学校の授業の科目とし

                                 て、あるいは撃剣(剣道)部の稽古を

                                 通じての師弟の関係でした しかし、

                                 中川申一が神戸高商に進学すると、本

                                 格的に無外流兵法を教授することにな

                                 ります 

高橋赳太郎高運は、日本と世界が泥沼の戦争に進んでいた昭和15年(1940年)に、82歳の天寿を全うしました 亡くなる二年前、すでに『無外流居合』と名を変えていた自鏡流居合の坐技「本腰」「片腰」「向抜」「左」「右」「六本目」「七本目」の七本の形を自ら演武した、16ミリフィルム映像を残したようです(未確認) 

また、自鏡流第五代宗家 山村司昌茂 に居合を教わり、無外流の稽古に本格的に取り入れたのは、 高橋八助充亮とその弟である秀蔵そして 髙橋達蔵から、髙橋八助成行、髙橋哲夫武成、髙橋赳太郎高運へ伝承されます 

土浦藩から継承された自鏡流居合を、『無外流居合』と呼んだのは、姫路系では高橋赳太郎高運が最初と思われます 高橋伝無外流兵法の「刃引之形」五本と、この七本の型は、 高橋赳太郎高運 の孫、高橋秀三 により無外流居合術として業が伝えられました

こうして、失伝の際にあった無外流剣法は姫路という地に置いて復活します 髙橋赳太郎、中川申一に受け継がれ、形を変え、やがて 居合「無外眞傳無外流居合兵道」として世に出ることとなります 


髙橋赳太郎高運の唯一の弟子、であった、中川士龍申一によって坐の業(技 )「五用」「五箇」、立ち業「五応」 「走り懸り」20本と、内伝 3 本の合わせて23本と、剣法型(組太刀)「太刀打之型」5本「脇差之形」5本の 10本 計33本の型で創作され構成されます


中川士龍申一は、高橋赳太郎高運とともに愚渓禅師について禅の修行にも励みます 中川士龍申一は学究肌の武道家でした 昭和13年には 無外全集 の書で 髙橋赳太郎高運 のフィルムの解説や辻月丹の伝記、居合目録等を残しています 

中川申一の無外流免許皆伝書 は戦災で消失したとされ、後に 大森曹玄師 が写し持っていた伝書の写しで 流派の系統をまとめ宗家系列がなったのです 

中川士龍申一は、無外流髙橋派を都治無外流宗家系列として系統付けしなくてはならなかった ... 

しかしなぜ無外流剣法の伝承でなく、中川士龍申一は居合を選んだのでしょう? 中川士龍申一 は、本当に  高橋赳太郎高運から 無外流免許皆伝書 を受け、後継者として正式に指名されたのか? 高橋赳太郎高運に剣を学び始めたころ、無外流剣法を学ぶ弟子は、中川自分ただ一人であったと回顧しています  


すでに剣道という道が開かれ、剣術は時代にそぐわない存在となっていました 無外眞傳無外流居合兵道が  自鏡流居合そのものであったか? 実際、無外流剣法は髙橋赳太郎高運から中川士龍申一に伝えられたのか ...? 不明です 口伝とはいえ、伝えられたとすればなぜこれを明らかに残さなかったのか? 


中川士龍申一の研究は、後に 無外流居合兵道解説 直伝兵道考 等 理論も後世に残されました このように一つの流派を系統だててその業を掘り起こし創作を交え明文化した無外流居合は、古流として残りました 中川士龍申一 が  無外流中興の祖 と称される所以です 

どのように無外流の型を編纂し、無外流居合兵道を創始したかについては、高橋赳太郎高運の紹介で、土佐の  無外流教士で

                                あった 川崎善三郎重徳 かわさきぜんざぶろ

                                           うしげのり(1860 〜1944)にも師事し、

                                無外流居合兵道の立ち技「五応」は

                                土佐系無外流の影響を強く受けたよう

                                です とくに「両車(りょうぐる

                                ま)」「野送(のおくり)」の二本は

                                川崎善三郎重徳の影響が強いようです 


無外流剣法は 組太刀 太刀打ちの型、脇差しの型として10本が残されます 


無外流剣法の大方は江戸後期から大正、昭和、戦後にかけてに失伝していったとしてよいでしょう  


無外流高橋派では併伝している自鏡流居合には坐位から抜刀する業しか無かったが、中川士龍申一が再編した無外流居合兵道の内容は立居合も多く含まれており、高橋派の無外流居合術とは大きく異なります 

無外流は突きと逆袈裟斬りが主体とされ、

徹底して華美を排した質実剛健な居合術とされています しかし高橋派の無外流居合術が現在の無外流居合兵道の源流だとすれば、中川士龍申一の居合兵道の創造性は無外流の特徴が表現されているものです 

第二次戦後、中川申一は全日本居合道連盟の設立に参画し、その後、昭和50年  日本居合道連盟  を結成し、日本居合道連盟初代会長に就任  無外会会長 に就任します  

かくして、無外流は 戦後、剣術剣術の流派としてではなく、居合道の流派として有名となり確立していきます 


無外流居合は、自らを 第十一代宗家とした 中川士龍申一の「創作居合」古流居合とされ、「無外眞傳無外流居合兵道」「造語」で残されます 


著書は、

 無外全書 

 高橋先生八十年史

 無外流居合兵道解説 

 無外真傳兵道考 

 無外流居合兵道指針 

 無外庵随想     などがあります


昭和56年(1981年)1月2日、中川士龍申一は86歳で生涯を終えました 

法名は龍翁院申道一剣居士 


極真空手の 大山倍達 おおやまますたつ(1923 〜1994)は無外流居合兵道を見て、「日本には居合の流儀はいくつもあるが、無外流ほど実戦的な居合はない」と評したといわれています 


自鏡流の系譜       

 

  多賀自鏡軒盛正     

  佐々木龍谷子      

  山村荘蔵昌豊      

  山村郷助昌周      

  山村司昌茂             

  山川弥兵能彖     

                

無外流の系譜 

  辻 月丹資茂(無外流剣法 流粗) 

  都治記摩多資英 

  都治文左衛門資賢 

  都治記摩多資幸  

  都治文左衛門資信 

  

  髙橋派

  高橋八助充亮 

  高橋達蔵充玄 

  高橋八助成行 

  高橋哲夫武成

  高橋赳太郎高運

  高橋秀三 


無外眞傳無外流居合兵道

  中川士龍申一( 流祖 )

      中谷泉牛義太郎

      石井悟月善蔵   ?

      塩川寶祥照成   ?


その後、

中川士龍申一は後継宗家者については明言しませんでした 


皆伝受領者であった  戸田誠寿範士 、 中谷臣志範士、白井亮太郎範士は、歴代の無外会会長として流の発展に貢献しましたが、中谷臣志範士及び白井亮太郎範士は後進へ皆伝を允可することはありませんでした 皆伝受領者がいなくなることを恐れた戸田誠寿範士は、最晩年の平成11年に中谷義太郎範士と盛喜巳雄範士に皆伝を授け、無外流の発展を託しました。


中谷義太郎範士は、中谷臣志範士、白井亮太郎範士、戸田誠寿範士の意思を受け継ぎ、無外会会長として流の発展に取り組んでいましたが、以前から日本居合道連盟内や無外会の会員からは、宗家を望む声があったとともに、第11代中川申一宗家の御嫡男である  中川宗平 からも、無外流の次期宗家を無外会で適任者がいれば継承してもらいたいとの意思がありました 

またここで 一子相伝は崩れます 


このような宗家継承への高まりを受け、平成14年11月の無外会役員会にて 中谷義太郎 範士を宗家に推戴することに決定し、平成15年6月  高野山高室院にて立会人 第11代   中川士龍申一宗家嫡男  中川宗平  より正伝允可の授与並びに継紹品一式を受け、正式に第12代正伝宗家の継紹となりました 

昭和56年から平成15年までの間は宗家不在で無外会会長による宗家代行であって、皆伝の系譜とは異なりますが、第11代中川申一宗家の次に正式に宗家を継承した  中谷義太郎  第12代正伝宗家  を名乗ることになりました 


ところが、

中川士龍申一から石井悟月善蔵 いしいごげつぜんぞう への継承の考えが存在した事実は疑いようがなく、 中川士龍申一が著した「無外流居合兵道解説」では自らが  石井悟月善蔵 をはっきりと伝系に加えています また、石井悟月善蔵は中川士龍申一門下にいた時代から「宗家」を名乗っていることから考えても、中川士龍申一が次の後継を石井悟月善蔵と認めていたことは明白でした 石井悟月善蔵は、中川門下に入る前は、無双直伝英信流の達人と言われた人物です 無双直伝英信流第二十代宗家を名乗った  河野百錬  門下の序列などを見ても、石井善蔵が若くして  河野百錬  にかなり近い位置だったことがわかります 中川士龍申一の門を叩いた頃の石井善蔵は、その当時の日本を代表する居合の名人だったのです しかし、3年余で  中川士龍申一 と袂を分ちます 


石井悟月善蔵の離反に失望した中川士龍申一から次に指名されたのが、当時の無外流居合兵道の最高師範格だった  塩川寶祥照成 しおかわほうしょうてるしげ  がおります 

塩川伝の無外流居合兵道は、豊富な武道経験に裏打ちされた実戦本意の動作で知られており、また先代から継承した 「裏の型」などを編纂して4本の「奥伝」として加えていることも新たな無外流居合の特徴です 塩川寶祥照成は、当時少数派であった無外流居合を全国に知らしめました その功績は大です 塩川寳祥照成は平成26年3月、88歳で亡くなりました 

法名は  龍翁院申道一剣居士


塩川寶祥照成の後に、中川士龍申一が特定の弟子を指名した事実はないそうですが、晩年に六人の弟子に皆伝を授けました


 中谷臣志 

 白井亮太郎

 戸田誠寿

 岡本義春

 長澤正夫

 小西御佐一 


無外流宗家継承は、 中谷泉牛義太郎 が12代、 後は、石井悟月善蔵  は14代宗家 ...  塩川寶祥照成は15代宗家、16代宗家は  小西龍翁御佐一  という説があります 


そもそも中川士龍申一 以前の無外流の系譜は中川士龍申一によって纏められ、宗家の系列化も中川士龍申一によってなされました 古流としての確立を目指します しかし、

後継者指名については自らはしなかった 中川士龍申一 であったがゆえに、戦後、昭和には他の免許皆伝者が分派し、それぞれが宗家を名乗るなど、現状では中川士龍申一の  無外眞傳無外流居合兵道  は複数の自称宗家、派 が存在する結果になって、一体誰れが正統宗家なのか 諸説紛々複雑で定かではありません また、その型、業(技)も動きが様々で伝承統一されているわけではありません  拡散したのです 

考えれば血統伝承ではなく滅茶苦茶な話ですが、

今日、これらすべてが無外流居合兵道と云って違いなく、無外流が 古流居合として全て認識されています 

全日本剣道連盟制定居合の12本目の技、抜き打ち は、「無外眞傳無外流居合兵道」五応 ” 玉光 ” ぎょっこう です 


「無外眞傳無外流居合兵道」 は、 中川士龍申一 の創意創作による「居合兵道」である 


無外流居合は、辻 月丹 が流祖であるという説には正式とは無理があると解釈し結論とします



居合の剣その気勢気韻

無外眞傳無外流居合兵道  中川士龍申一  はその著「無外流居合兵道解説」の中で、” 居合の気勢気韻 ”  として句を書かれています 


一、姿勢: 富嶽聳東海  

  (姿勢は、富士山が東海にそびえるごとく気品よくゆったりどっしりと構えよ)        

二、抜付: 怒涛砕巌礁

 (抜き付けは、押し寄せる怒とうが岩礁を砕く激しい水しぶきのように強く抜け)

三、斬上: 竜巻揺星辰  

 (竜巻が夜空の星に風をまき散らし揺るがすほど高く激しく吹き上げるように斬上げよ)

四、斬下: 飛瀑轟地軸

 (斬り下げは大滝の飛瀑が地軸を轟かすような激しく勢いよい振り下ろしをせよ)

五、刺突: 疾風倒巨木 

(突きは、疾風が巨木を倒すほどの気で鋭く強く突け)

六、残心納刀:   火山止鳴動    

 (残心納刀は、一瞬噴火山が鳴動を止めたかに過ぎないように静かに納め、何時でも敵に応ずることのできるような気で居よ)

                                 



無外流居合型


五用 坐の業( 技 )

真   連   左 

右   捨


五応 立ち業

胸尽し   円要   両車   野送り   玉光


五箇 坐の業

水月  陰中陽  陽中陰  響返し   破図味


走り懸り 立ち業

前腰  夢想返し   廻り懸り  右の敵  四方  


内伝 

三行一致  神門  万法帰一刀   


無外流剣法型 組太刀 10本


太刀打の型

北斗  太白  稲妻  

霞  流星 

脇差しの型

切留  突留  受流  

切上げ  位詰 


古流元流 

無外流 高橋派 居合術兵法  

無外流剣術 刃引之形 5本 

自鏡流居合術 7本 


敬称を略させていただきました



無外流傳説


  
























辻  月丹 資茂  (1648  ~ 1727)



無外流とは


1693年に流祖・辻 月丹が作った剣術(剣法)の流派です。

居合術の流派ではありません 


無外流剣術(剣法)流祖・辻月丹 は、慶安元年(1648年 徳川家光の世)近江の国甲賀郡 宮村字馬杉村の郷士・辻弥太夫の次男として生れました 幼名は兵内 兵内の生まれ育った甲賀の地は、中世からたびたび戦乱に巻き込まれたことでも有名で、とくに戦国時代、鎌倉時代から戦国時代にかけて近江南部を中心に勢力を持った武家(守護大名)六角氏が諜報活動に利用した忍び五十三家は、現代でも甲賀忍者集団として知られています 

子供の頃から、こうした尚武(しょうぶ)にあふれた環境で武芸者に囲まれ育ったのでしょう 13才の時、京都で 山口卜真斎 が創始した山口流剣術(あるいは山口一刀流)を学んだとされています 

18歳のとき兵内は、修行のために

近江の岩尾山に籠もります 

岩尾山は、兵内の育った甲賀馬杉

からは数キロほど離れた山で、

中世から修験道の地としても知ら

れ、甲賀忍者が修行した山とも伝

えられています            甲賀馬杉 岩尾山


古来、剣の修行は剣法の術技に習熟するだけでなく、生死を賭ける血戦の場で動揺しないためには、自己を超えた絶対の心的境地を開く修養が必要であるとされていました 武芸者は、心を磨くことによって人間の奥に眠っている力を自力で開悟することが出来ると説かれるようになります 古武術流派の発生時期において、流祖の多くはその超人的なエネルギーの発揮方法を神仏の霊感によって神託や妙旨を獲得した、という話が多くあります 
このころから兵内は剣の修行の一環として心法にも傾倒していったことが判ります 兵内の諸国武者修行は続き、修めた流派は十二流にも及ぶとされました 


26才の時兵内は師匠より山口流の免許を印可、同時に江戸出府を許されます 麹町九丁目に道場を構え、山口流兵法の看板を掲げました しかし、名も無い田舎兵法者として相手にされず、僅かばかりの弟子と稽古し、修行したのです 

この頃から、辻兵内は「無外」という武号を使い始めます 


兵内は、学問と心の修養の必要を感じ、麻布の臨済宗 吸江寺(きゅうこうじ)の石潭良全禅師に師事、 禅学と中国の古典を学びはじめます 吸江寺(きゅうこうじ)は1650年に創建され江戸初期には何もない農地が広がる場所でありました 創建時代、剣術に秀でた開山和尚のもとに多くの門下生が剣術と禅について学びに来ていたといいます  

兵内は心法として を求めて参禅します 無外という号の

は  そのものであることが判ります    

例えば徳川将軍家の剣術指南役だった  柳生宗矩 (やぎゅうむねのり) が禅僧 沢庵宗彭(たくあんそうほう)に私淑して 沢庵の書である「不動智神妙録」から「兵法家伝書」を完成したように、兵内にとっての沢庵和尚を探していたのでしょう この沢庵宗彭の書である「不動智神妙録」と柳生宗矩の「兵法家伝書」はこの後の武士道と剣の精神性において武家社会に大きな影響を与えていきます そのことは、辻無外月丹の無外剣と禅理とで明白です 


その後石潭禅師が遷化されたため、続けて第二世・神州良祗和尚について参禅し、兵内45歳の時入悟、神州和尚は師石潭禅師の名で次の偈(げ)を与えたのでした 兵内は号を、無外兵内 から 月丹資茂 (げったん すけもち)に、自身の流派を 山口流から 無外流  としました  



         一法実無外(一法実に外無し)

   乾坤得一貞(乾坤一貞を得)

   吹毛方納密(吹毛まさに密に納む)

   動着則光清(動着すれば光清し)


絶対の真理はひとつであり、外には何にも無い 無外よおのれ自身のことである

天地・陰陽  ( 森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽

(よう)の二つに分類する範疇 )のなかに得た唯一のものは 吹毛 (よく斬れる剣 )のごときものだが、それはおのれの方寸( ごくわずかな範囲 おのれの心の中 )に納まっており、僅かに動じたとしても光は清々しく輝くだろう



19年の参禅により、一介の剣客でなく、剣者と共に禅者でもあり、学者でもあった月丹は、吸江寺を訪れる大名とも対等に語る事ができ、中には小笠原佐渡守長重、厩橋の藩主・酒井勘解由忠挙、土佐藩主・山内豊昌等多くの大名達と交流します  

いかにこの時代に幕府とその大名たち武士達に禅が受け入れらていたかが分かります 吸江寺は当時、大名たちの禅、茶事のサロンのような存在であったのでしょう 次第に無外流は禅理に基づく剣法として認知されていきます 


元禄八年(1695年)、江戸の大火によって月丹の家も焼失したため、それまでの弟子数は 不明ですが、元禄九年より宝永六年(1710年)まで十四年間の誓詞によると、月丹の弟子は、万石以上の大名三十二家、直参百五十六人、陪臣九百三十人とあります 


一探求者としての人生を希望していた月丹は、大名家から、

師範役として迎えたいとの度々の申し出を断り、厩橋藩(後

年姫路藩に転封)酒井家には月丹の甥、無外流第二代辻右平太

を、土佐藩山内家には月丹の養子で無外流第三代、後継者の

都治記摩多資英を推挙し、師範役としました また伊勢崎の

酒井家(分家)磯田某も右平太に学び、その流れは挙母藩

(ころもはん、現在の豊田市)の内藤家に伝わります 

月丹 61歳 の時、酒井忠挙の取り計らいで、御目見得の儀

として五代将軍 綱吉に謁見の許可が出ましたが、不運にも綱吉死去により実現しませんでした しかし、 一介の浪人剣客に御目見得の許しが出た事は当時破格の出来事でありました 


剣者であり、禅者でもあった月丹は、剣と禅は一如であるとし、その内容・文章 の充実さに於いて一流とされる月丹が著した伝書「無外真伝剣法訣並序」の末文に、


「右無外真伝剣法は禅理を以て教導致す処、貴殿禅学御了知の上当流の剣法御懇望且つ御篤志につき、拙者先師より相伝の奥義、此の度授与致し候、御秘蔵あるべきものなり」


とあり 、門弟達にも参禅させ、禅学了知の上でなければこの「無外真伝剣法訣並序」を授けなかったようです 

この精神性は剣と禅は一如のそのものでありました 


「無外流真伝剣法訣」は、石潭が亡くなる少し前から準備されており、その執筆においては石潭禅師の影響を受けたはずです  

 石潭禅師が亡くなるときに、辻月丹は無外流を創始し、その理念として「無外流真伝剣法訣」を定めたのです 


月丹の没する三ヶ月前の姿は、袈裟を

掛け、手には払子を持 った高僧の姿

で描かれ、また別の画には袈裟を掛け

た姿ではありますが、右手に木剣を持

ち、眼光鋭い剣者月丹が描かれています(上部掲載画)


こうして家庭も造らず一生を不犯で通した月丹は、享保十二年(1727年)六月二十三日、 禅学の師・石潭禅師と同月同日坐禅を組み、念珠を左手、払子を右手に持って 79歳 で一生を閉じました 辻無外居士は禅師の例に法り、自身の墓もつくらなかったようです 吸江寺は臨済宗妙心寺派の寺であり、沢庵宗彭の系譜であろうと想像できます 故に、墓を造らぬことを遺言とした 沢庵宗彭にならい石潭禅師と同じく寺の一隅に葬られたのでしょう 現在、渋谷に移った吸江寺の辻家代々の墓群に

辻無外月丹の墓だけがないのもそれを裏付けます 


以下、


無外流真伝剣法訣 序文 

夫れ撃剣の術は鎮国の大権、撥乱の要備なり、何となれば武器盛んなれば兇邪わざわいせず(途中省略)精神を会する者は、はるかに雲霄を隔つ、ひそかに憂う、百歳の後、伝習緒を失い、奥微聞くことなきを すなわち新に十則を定めて録して訣筌となす 更に一円を画いて以て極致を寓す 幸いに師に超ゆる作にあわば寧ろ十集してこれを珍とせん、もしまた器にあらざる人には隻字と雖も伝うることなかれ (途中省略)吾いずくんぞかくさんや、吾いずくんぞかくさんや、その十法つぶさに後に言う

   延宝八年歳庚申仲夏望日

無外子辻月丹資茂撰


無外流真伝剣法訣十則


 智 神明剣

 仁 万法帰一刀

 勇 獅王剣


  一.獅王剣

  二.翻車刀

  三.玄夜刀

  四.神明剣

  五.虎乱入

  六.水月感応

  七.玉簾不断

  八.鳥王剣

  九.無相剣

  十.万法帰一刀


 一円 


 附

 短剣法訣

(途中省略) 右無外真伝剣法は禅理を以て教導致す処、貴殿禅学御了知の上当流の剣法御懇望且つ御篤志につき、拙者先師より相伝の奥義、此の度授与致し候、御秘蔵あるべきものなり 


無外流剣法開祖 辻 月丹は、自己の剣を禅による心法の修行をすることによって昇華させたのです 


敬称を略させていただきました






引用文献資料 Link

無外流兵法譚 無外流歴史探訪



Welcome へ






居合塾.jp

平成居合塾

入会、見学、体験、お問い合わせは

Mail : info@iaijyuku.jp





Copyright © 2013−2019 iaijyuku.jp All Rights Reserved.

   無外眞傳無外流居合兵道